ハチの巣を見つけたら|安眠を妨害する鳩は業者へ依頼して対策をしよう
作業員

安眠を妨害する鳩は業者へ依頼して対策をしよう

ハチの巣を見つけたら

ハチ

最も危険な種類

キイロスズメバチは日本に住むスズメバチの中では最も小型ですが、最も大きな巣を作ると言われています。生きた昆虫を狩るほか花の蜜や樹液も食べ、さらにジュースの飲み残しなどもエサにします。適応力の高さが特徴で、しばしば都市部でも見かけます。日本で最も多いスズメバチの被害は、キイロスズメバチによるものとされています。攻撃性の高さも際立っており、巣に近寄っただけでも刺してくることがあります。キイロスズメバチは群れの個体数が多く、巣を作るスピードが非常に速いため、まだ巣が小さいうちに駆除しないと、被害の危険がどんどん大きくなってしまいます。小さい巣は素人でも駆除できますが、ある程度大きくなったら専門の業者に任せるのが安全です。

安全に巣を除去

都市部ではキイロスズメバチは、軒下や天井裏などに好んで巣を作ります。働き蜂が増えて手狭になると、引っ越しをするという習性を持っており、気づかないうちに巣ができてしまっていることがあります。高い場所の巣を取り除くのは危険ですし、屋根裏などの屋内では近づけない場合があります。専門の駆除業者に依頼すれば、こうした場所の巣でも完全に取り除けるというメリットがあります。いったん巣を除去しても、再び同じ場所にハチが戻ってくる可能性があります。できるだけ危険を回避するためには、駆除した後のアフターフォローも大切です。駆除業者と契約する際には、万一被害が再発したときの対応についても確かめておくと良いでしょう。